車にのっているさいに、非常に注意すべきというのはコーナリングなど死角ができるタイミングではないでしょうか。
勿論飛び出しというように突発的な現象をさけるというのも必要なこととなりますが、自分自身のタイミングで周囲の状況を確認し曲がるということをしなければいけないときには、ものすごい注意をするということが責務となります。
曲がる際に、前方と曲がる方向の道路だけを見てしまうと、そこに死角ができます。
実は後方から来ているバイクやじてんしゃの巻き込みというのもかなり事故につながるということがあるのです。
また、高さがあるクルマに関しては、前方であっても、子供などがフロント部分近くにいると見えないというようなことがあります。
一般的な形のクルマでも、路線を変えようとした際に、サイドミラーや、フロントミラーに映り込まないちょうど、並走するようなスピードで走行しているというようなクルマも死角に入ってしまいます。
いろいろな面で、ミラーだけに頼って走行してしまうと事故を起こしやすいということもありますので、どういったところに死角があるかというのを運転席に座ってみて、外に人をたたせるなどしていろいろと検証してみるということで、自分のくるまの特徴や見えない部分というのを見つける事もできます。