車を運転する際に免許を取ることになりますが、視力を計測するということが義務づけられています。
速いスピードで動く車を運転する際には非常に目を使いますし、視力がある程度ないとそれがむずかしいということがいえます。
しかし一方で人間の目というのはいつもの視力を運転中に発揮できているというわけでもないようなのです。
というのも、動体視力ということで、運転中には動くものを目で追うということにもなるので、速度が速くなるのにつれて動体視力が下がっていくという傾向があるのです
ですから、視力がいいというように自負している人であっても、早いスピードで車を運転する際には、それなりに見えるもの等が限られてくるということが言えるのです。
ですから、できるだけしっかりとみるというように意識するためには、スピードをおさえた運転をするということが必須になります。
また年齢が高くなるにつれて、見える範囲というのも狭まってくると言われていますので、そういった年齢やスピードと視力との関連というのをしっかりと認識したうえで、ひごろから安全運転をするように心がけていくということも大事なことになるのではないでしょうか。
スピード抑制を意識して安心して運転を楽しみましょう。